インフォメーション
ターンの独り言
  現在の私
  モンゴルと私
  ターン日記
ターンのお仕事
  TARN VOCAL WORK
  ハーモニーのオープンクラス
  ターンと遊ぼうたんたんターン
  Duddy'sLullaby
  講演会
  FM湘南ナパサ
FRIENDS
  ターンのお友だち
おはなししましょう
  掲示板

 

 
現在の私 


自然の中の一生物。
人間・男・夫・父・子・孫・友達・
歌手(ヴォーカルグループ「サーカス」のメンバー)
ターンヴォーカルワーク」主宰者。
幼稚園の評議員・パフォーマー・ナレーター・・・
いろいろなおやじ

今までの私 


1954年福岡県門司にて叶家の長男として生まれる。
新聞記者の父を持ち幼少時代は日本各地を転々とする。多感な高校時代は冬季オリンピックのあった札幌で過ごす。<陸上部主将> 歌うことも大好きで、その頃「スター誕生」にも出演。
昭和52年日本大学芸術学部演劇学科を卒業。
演劇の道に進むか歌を取るか迷ったのち、姉(正子)の誘いを受けヴォーカルグループ「サーカス」の一員となる。

1978年「Mr.サマータイム」でレコードデビュー以来コンサート・ミュージカル・数多くのテレビ・ラジオにも出演。

2001年からソロコンサート「Daddy’s Lullaby」を開催。Lullaby・・・子守唄は子供だけのためでなく、今は疲れている大人にも必要と銀座博品館劇場・南青山ル・アンジェ教会で男が・父が、贈る「子守唄」を歌う。 翌年より「ターンと遊ぼうたんたんターン」と題して子供たちに本物の楽器を聴く・見る・触れるをテーマに子供向けのコンサートを全国各地で行っている。

2005年ゴールデンウィーク開催の「おかあさんといっしょ・ファミリーコンサート」ではソングランド歌のおじさま役で出演。子供たちにも絶大な人気を誇りファンの年齢層の幅は広い。 「ターンヴォーカルワーク」を主宰しハーモニーの楽しさ歌うことの喜びを伝授。2005年10月開校の芸能予備校シャインファクトリーの講師も勤める。

また、マスターズ陸上に参加しており宮崎大会では走り幅跳び・槍投げで優勝。体力にも自信あり。

ターンに聞く 

 

Q1どこで生まれどこで育ちました?小学生までの思い出を

北九州市門司区生まれ。7歳(小1)で東京板橋区の毎日新聞の社宅へ。8歳で埼玉川口市へ。12歳(小6)で北海道札幌へ。18歳で再び川口へ。23歳で東京中央区勝どき・26歳で港区南青山・28歳で目黒区市下目黒・33歳で川口。以来川口。       (小学生までの思い出)転校を繰り返した。転校はいやではなかった。新しい場所にウキウキした(午年だから?)成績はいつもトップクラス。毎年級長を務め、音楽スポーツも万能。しかし中学校に入ってからガラガラとくずれていく。

Q2 自分が一番最初に好きになった曲は何?その理由は?

シャボン玉ホリデーのENDINGの「ザ・ピーナッツ」が歌っていた「スターダス ト」幼な心に魅了されていた。たぶん洋楽指向だったかも。

Q3 初めて買ったシングルなりカセットなりとにかく音楽は?

覚えてはいないが、たぶんポールモーリアオーケストラのLPレコード。シングルは2曲か入っていないので損だと思っていた。インストゥルメンタルで心の中で自由に風景を作っていた 。

Q4 これまでの人生を通してのヒーロー、そしてヒロインは?その理由は?

インドの元ガンジス首相。無血革命の指導者。歴史上の武将は好きではない。(人殺しだから)

Q5 .好きな色は?

濃いブルー・グレー・白

Q6 .好きな飲み物は?

お酒全般。時々無性にポタージュスープが飲みたくなる。冷たいポテトポタージュスープもGOOD。

Q7 一番好きな映画とそのわけは?

「2001年宇宙の旅」中学生の時に観た。意味がわからない不思議な感動があった。
「ペギースーの結婚」タイムスリップして自分を愛してくれた人たちに会いに行く 「ALL THAT JAZZ」人の死に様を考えさせられた。つまり生き様。 「天国から来たチャンピオン」フットボールのチャンピオンが天国から他人の体に乗り移って地上に戻ってくる。人間が持っている「もしかしたらそんなことがあるかもしれない・・・」と言うそんな夢を見させてくれる 「生きる」と言うテーマが好きなのかも知れない。ホラーには興味なし。

Q8 この先絶対行きたい場所は?

北欧!    
高リスク、高福祉の実態を見てみたい。今の日本が競争社会、経済至上主義にまみれてきていることにがっかりしている。しかも儲けた人はしっかり社会に還元するという考えが人類全員を幸せにするのかもしれない。とりあえず飢餓と貧困と戦争をなくしたい。

Q9 今逢いたい人は?ご存命でもご存命でなくとも構いませぬ。

たくさんいる。
死んだ両親にも会いたい。今の自分の同じ年齢の両親や祖父・祖母たちに集まってもらって話しをしてみたい。楽しいだろうなぁ。
南青山に住んでいた時に一緒に遊んだ当時小学校3年生だった「遠山あきえちゃん」に会いたい。よく代々木公園に遊びに行った。「お父さんになって欲しい」と言われた。今はもう30代後半。

 

 
  
copyright(C)LuckyGateCompany